各種サポート制度

現在、国や県ではいろいろな支援制度で、学生の皆様をサポートしております。

  1. ① 介護福祉士修学資金等貸付(福島県社会福祉協議会)
  2. ② 独立行政法人日本学生支援機構奨学金
  3. ③ ひとり親家庭等高等職業訓練促進給付金等事業

① 介護福祉士修学資金等貸付(福島県社会福祉協議会)

福島県に住所登録している方や福島県出身で「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく学校・養成施設に在学し、卒業後、福島県内において介護業務に従事しようとする方に無利子で貸し付ける制度です。

修学金(月額) 50,000円 (交付は年2回)
入学準備金 200,000円 (貸付時)
就職準備金 200,000円 (最終貸付時)
国家試験受験対策費用 40,000円 (卒業年度)
合計 1,640,000円  

卒業後、介護等の業務に継続して5年間従事した場合は、貸付資金の全額が返還免除。

・図解(クリックすると拡大図が別ウィンドウで開きます)

  • 下記②の日本学生支援機構奨学金と併用できます。
  • 家計基準は、日本学生支援機構の上限額が目安です。

例えば・・・

●修学資金制度を利用した場合の2年間の総額

186万円(入学金+学費)-164万円(貸付)=22万円

一か月1万円弱で、2年間学ぶことができます。
しかも、県内の介護事業所で5年間頑張れば返済免除です。

② 独立行政法人日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金貸与事業は、教育の機会均等の理念のもと、意欲と能力のある学生等が、自らの意志と責任において大学等で学ぶことができるよう、国の重要な教育事業として奨学金を無利子で貸付する制度です。専修学校(専門課程)

【私立・自宅通学の場合】
  月額30,000または53,000

【私立・自宅外通学の場合】
 月額30,000または60,000

1.学力基準

高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上

2.家計基準

〈収入・所得の上限額の目安〉
世帯人数 給与所得者 給与所得者以外
3人 657万円 286万円
4人 747万円 349万円
5人 922万円 514万円

《給与所得の場合》
所得証明書等における収入金額(控除前)

《給与所得以外の場合》
所得証明書等における所得金額

③ ひとり親家庭等高等職業訓練促進給付金等事業

ひとり親家庭で投育者本人が「介護福祉士」の義成機関で資格取得を目指す場合、修学期間中(最長3年間) の生活安定を図るため給付金を支給しています。

非課税世帯/月額100,000
課税世帯/月額70,500

さらに白河市では、この給付金を利用される方に、修業修了後に一定の条件を満たした場合に返還が免除され る生活資金の貸付(月額50,000円~)も行っています。
なお、詳しくはお住いの市町村にお問い合わせください。